●美術館でバードウォッチング「国宝雪松図と花鳥」行ってきました


小鳥フェルト作家宇都宮みわです。
羊毛フェルトde小鳥図鑑へようこそ!

ひとつのお仕事を完遂した自分へのご褒美に、
東京日本橋三井記念美術館で開催されている
「国宝雪松図と花鳥」展へ行って来ました。

 

美術館でバードウォッチング

 

展覧会のサブタイトル「美術館でバードウォッチング」にずっと心惹かれていたのですが
抱えているお仕事が終わらないうちは…と自分を叱咤激励し

会期終了2日前に、ギリギリセーフですべりこみ!

三井家所蔵のすばらしい美術品の数々を堪能してきました。

 

 

展示作品のポストカードと

図録はないとのことでしたので、
今回の目玉展示の「鳥類真写図巻」を掲載した
「渡辺始興筆 鳥類真写図巻全図掲載 三井美術文化史論集」を購入。

内容はこの「鳥類真写図巻」の研究論文です。

 

 

1枚目の写真のポストカードは、この図巻の一部。
「図巻」という名の通り、半紙のような紙がつなげられた巻物になっていて、全長は1739.7cm!
(三井美術文化史論集より)

展示室の端から端まで使って、展示されていました。

サイズは言うまでもなく、その描写のすばらしいこと!
観察記録のように詳細な羽の模様などが描かれていて、
この習作をもとに、掛け軸になっているような絵を描いたとのこと。

 

そして三井家の方々は鳥好きさんが多い…ということも知りました^^

画家ごと、時代ごとの展覧会も味わいがありますが、
こんなテーマでの企画展もとっても楽しめました。

明日2018年2月4日までの開催ですが
お近くのかたはぜひ、足を運んでみてくださいね。

ブログ村ランキングに参加しています。
応援クリックで1票はいります。いつもありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村

~PEACE begins with a SMILE~
cotori×iro labo.
こ*みわこと宇都宮みわでした。

HP羊毛フェルトde小鳥図鑑 TOPへ戻る

 

 

 

 

【ご参考】三井記念美術館HPよりお借りしました




いつも応援ありがとうございます。


関連記事

Comment





Comment



Translate »